焼け野原

FlareBlitz&Overheat

ブログトップ

はじめまして、Naoです。5世代ではダブル勢でしたが6世代で一度ポケモンから離れて7世代でシングルを始めました。このブログでは主にポケモンのシングルレートに関する記事を書いています。

  

Twitter (@NaopokepokeNao)もやっているので気軽に話しかけてください。

 

 f:id:Einz:20181011224253g:plainf:id:Einz:20180118185345g:plain


 

【7世代レート戦績(最高/最終)】

S1 1799/1676

S2 1736/1660

S3 2003/2003

S4 1979/1945

S5 1880/1772

S6 1891/1827

S7 2040/2001

S8 2019/1946

S9 2045/2016

S10 1976/1862

S11 2012/2012

S12 2082/2065

S13 2075/1996

S14 2031/1921

【オフ戦績】

第3回真皇杯関東予選 予選落ち

第3回真皇杯ラスチャレ亀戸会場 ベスト16

第2回ポ2オフZ 優勝

第7回あめおふ! ベスト16

第1回ポサパ 予選ブロック落ち

第17回カントーポケモンオフ 3位

第2回サブローカップ 個人0-4 チーム0-4 予選落ち

3rdVirginCup 2-6 104位

第1回ガチンコバトルオフ ベスト24

第3回サブローカップ 個人7-2 チーム8-1準優勝

第5回バトンタッチオフ ベスト32

第4回真皇杯関東予選 ベスト32

第4回サブローカップ 個人2-4 チーム3-3 ベスト16

第19回カントーポケモンオフ 予選落ち

第1回BattleFrontier 3-5 153位

第1回Battle Rebolution ベスト32

【その他】

第4回からきおす杯 優勝

【S14使用構築】脳筋対面構築【最高2031最終滅亡】

f:id:Einz:20190321191006p:plain
こんにちは、Naoです。S14お疲れ様でした。今期はしんどかったです。

 

〈以下常体〉

 

【構築経緯】

・S12、S13でリザードン+メタグロスの強さを実感し、自分が使い慣れているミミガッサとの相性も良いと感じたのでリザグロスミミガッサから考え始めた。f:id:Einz:20181107200716p:plainf:id:Einz:20180816204900p:plainf:id:Einz:20180504002637p:plainf:id:Einz:20180504002252p:plain

・対戦していくうちに鋼(特にギルガルドメタグロス)+カプ・レヒレに対して打点があり、メタグロスの上を取ることができる駒が必須であると感じたのでゲッコウガも確定枠とした。f:id:Einz:20181101200837p:plain

・最後の枠は求める条件が多すぎてずっと悩んでいたが、結局使い慣れたカバルドンを採用し、一度構築は完成した。f:id:Einz:20180504002230p:plain

f:id:Einz:20180504002230p:plainf:id:Einz:20181107200716p:plainf:id:Einz:20181101200837p:plainf:id:Einz:20180816204900p:plainf:id:Einz:20180504002637p:plainf:id:Einz:20180504002252p:plain〉(最高2023)

・しかし、カバルドンの選出率が低く、選出した試合も満足に活躍できていないことが多かった。なので代わりに採用するものを探していたところ、前期ゆうふぁさんが使っていた構築(【s13 使用構築】灼熱のリザミミポリ2【最高最終2109】 - 青春の影)にHCトリックルームポリゴン2が入っていたことを思い出し、試しに使ってみた。

f:id:Einz:20181101200637p:plainf:id:Einz:20181107200716p:plainf:id:Einz:20181101200837p:plainf:id:Einz:20180816204900p:plainf:id:Einz:20180504002637p:plainf:id:Einz:20180504002252p:plain〉(最高2025)

・しかし、カバルドンを外すと立ち回りが苦しい場面が多かったので結局カバルドンに戻した。(最高2031)

 

【個別解説】

 

f:id:Einz:20170604224427g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格 腕白

特性 砂起こし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 

テンプレ。この枠の正解がわからなかった。

 

f:id:Einz:20181011224253g:plain

リザードン@メガストーンX

性格 意地っ張り

特性 猛火→硬い爪

169(124)-198(236)-132(4)-×-106(4)-138(140) (メガ後)

剣の舞/ニトロチャージ/フレアドライブ/逆鱗

 

A:できるだけ高く

HB:A143ミミッキュのミミZ+影打ち 両方最高乱数以外耐え

HD:C200テテフのPF下サイコキネシス 最高乱数切り耐え

S:ニトロチャージ後135族抜き

 

前期までS134のリザードンを使っていたが、色々な人にそれは弱いと言われ、実際弱かったのでシーズン序盤はS135にしていた。しかし、S136にすれば無限に負けた最速メガバンギラスの上を取ることができることに気がつき更に1伸ばした。136までSを伸ばすならニトロチャージ1積み後に135族を抜かない調整をする理由も特にないので結局138に落ち着いた。今期はX一点読みされてリザY切り選出(カバナットレヒレ等)をされたり、メガ前の状態で地面技を押されるといったことが多く、選出段階で想定した動きができないことがかなり多かった。リザードンの強みである「XYどっちかわからない」という強みはこの構築においては失われてしまっていると感じた。

 

f:id:Einz:20180410215756g:plain

ゲッコウガ@命の珠

性格 無邪気

特性 変幻自在

147-116(4)-87-155(252)-?-191(252) (D個体値がVではない妥協個体)

水手裏剣/冷凍ビーム/悪の波動/ダストシュート

 

仕留め損ねた相手に打つ水手裏剣、マンダ+レヒレ、レヒレ+メタグロス(orギルガルド)を崩すための3ウエポンで技構成は確定した。前期は草Zで採用していたが、人によって立ち回りが違い、安定してレヒレに草Zをぶつけることができなかったので変更した。環境のレヒレの多くが耐久にあまり努力値を降っていなかったのでA4振りでも(命中させれば)珠補正の入ったダストシュートで倒すことができた。

 

f:id:Einz:20170720184501g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

 155(196)-141(140)-115(116)-×-125-123(52)

剣の舞/影打ち/シャドークロー/じゃれつく

 

ミミガッサミラーがきつかったので準速キノガッサ抜きまでSを伸ばした。努力値がギリギリなので耐久面が本来のABミミッキュよりも落ちてしまい、色々な相手に対して怪しくなった。キノガッサ抜きにしたことで天候を取られていない状態のラグラージや、無振りミミッキュ抜きくらいのSラインのポケモン(レヒレヒートロトム等)を抜ける強みもあったので一長一短といった感じだった。

 

f:id:Einz:20180816213652g:plain

メタグロス@メガストーン

性格 意地っ張り

特性 クリアボディ→硬い爪

173(140)-211(212)-171(4)-×-145(116)-135(36) (メガ後)

バレットパンチ/グロウパンチ/思念の頭突き/アームハンマー

 

 努力値配分はアルバさんの記事(【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】 - アルバのブログ)のもの。シーズン序盤に適当に採用したグロウパンチが思ったより面白かったので最後まで使った。グロウパンチのおかげでメタグロスを選出した際に対処が面倒な相手(f:id:Einz:20190224083650p:plainf:id:Einz:20190224083628p:plainf:id:Einz:20190321195623p:plainf:id:Einz:20190321195630p:plainetc)にまあまあ抗うことができた。思念の頭突きとアームハンマーを時々外すこととグロウパンチ個体の用意が面倒なこと以外は良かった。

 

f:id:Einz:20180118194908g:plain

 キノガッサ@気合の襷

性格 意地っ張り

特性 テクニシャン

135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)

キノコの胞子/剣の舞/マッハパンチ/タネマシンガン

 

いつもの襷枠。

 

(途中使っていた個体) 

f:id:Einz:20170720190854g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格 控えめ

特性 ダウンロード

191(244)-×-110-172(252)-115-80 (残りの努力値行方不明)

トリックルーム/トライアタック/冷凍ビーム/シャドーボール

 

S4〜S5くらいの頃に育成してボックスにいた個体を引っ張り出してきた。努力値の端数をどこに振ったかなと思ったらどこにも振っていなかった。従来のポリクチに採用されていた「テテフのPF下サイコキネシス2耐え調整(D68振り)」にすることも考えたが、結局それが役に立ちそうな場面がなかったので普通にBかDに12振りするのが良さそうだと感じた。

【結果】

TN Nao 最高2031 最終1921

f:id:Einz:20190402093926j:plain

TN GrandChariot 最高2023 最終1910 (写真撮ってない)

TN WhiteFatalis 最高2000最終1900 

【感想】

これまで11シーズンに渡って型や個体を多少弄りながら似たような構築でレートに潜ってきたが、今期は完全に構築の限界を感じたシーズンだった。手の内がバレてしまっている感じで、普通ならありえないような動きをされて負けることが多かった。インフレシーズンでこのような結果に終わってしまって非常に悔しいので来期は1から構築を考えて臨みたいと思う。

 

 

余談だが、今期のTNは『モンスターハンター』に登場する「ミラルーツ」の英語名(らしい)。モンハンシリーズは2ndG、3rd、4とやっていたが下手くそだったのでミラ系統をソロ討伐できたことはない。

【S13使用構築】火焔と鋼鉄のテラボルテージ【最高2075最終1996】

f:id:Einz:20181227003156j:plain

こんにちは、Naoです。S13お疲れ様でした。

今期はサブロムのTNどうしようかなと大学で言っていたところ、リア友のTwitterIDを提案され、文字数を数えてみたところちょうど12文字だったので採用しました。なので今期はメインロム(TN Nao)に加えてTN「mkshiro-0923」で潜っていました。彼は全身黒い服を着ていることが多く、一部からゼクロムと言われているので今回はゼクロムの特性「テラボルテージ」とリザグロスのイメージを合わせた構築名としました。

 

〈以下常体〉

 

【構築経緯】 

構築自体は前期のもの<f:id:Einz:20180504002230p:plainf:id:Einz:20181107200716p:plainf:id:Einz:20181101200837p:plainf:id:Einz:20180816204900p:plainf:id:Einz:20180504002637p:plainf:id:Einz:20180504002252p:plain>を引き続き使っており、僅かに型を変更した。

einz.hatenablog.com

 

【個別解説】

 

f:id:Einz:20180118190705g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格 腕白

特性 砂起こし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 

テンプレHBゴツメ型。最終日はほとんど遭遇しなかったが、中盤はガルーラがなぜか普段より多い環境だったので強かった。

 

f:id:Einz:20181011224253g:plain

リザードン@メガストーンX

性格 意地っ張り

特性 猛火→硬い爪

171(140)-200(252)-132(4)-×-106(4)-134(108) (メガ後)

剣の舞/ニトロチャージ/フレアドライブ/逆鱗

 

A:振り切り

HB:A143ミミッキュのミミZ+影打ち耐え

HD:C200テテフのPF下サイコキネシス耐え(2/23追記 ダメ計したら最高乱数で飛んだ)

S:ニトロチャージ後130族抜き

 

1加速後にミミロップライボルトを倒すという場面がなかったのでSを138まで伸ばす必要性は感じなかったが、スカーフレアコイルに上から動かれて事故死した試合があったのでSは135まで上げた方が絶対に良い。

 

f:id:Einz:20180410215756g:plain

ゲッコウガ@草Z

性格 臆病

特性 変幻自在

147-×-87-155(252)-92(4)-191(252)

水手裏剣/冷凍ビーム/悪の波動/草結び

 

前期の構築からの唯一の変更点。前期は命の珠で採用していたが、構築単位でカプ・レヒレギルガルドの並びが重かったのでZを正確に当てることができれば崩すことができる草Zに変更した。相手がケアしてくるかに依存するので安定はしなかったが強かった。

 

f:id:Einz:20170720184501g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

 151(164)-143(156)-124(188)-×-125-116

剣の舞/影打ち/シャドークロー/じゃれつく

 

カバルドンを選出しない対面選出をした際に対面で処理できる相手が増えるように耐久に振っている。155(196)-143(156↑)-119(148)-×126(4)-117(4)の方が耐久値が高いらしいが振り直しが面倒で相変わらずこの配分で使っていた。

 

f:id:Einz:20180816213652g:plain

メタグロス@メガストーン

性格 意地っ張り

特性 クリアボディ→硬い爪

173(140)-211(212)-171(4)-×-145(116)-135(36)

バレットパンチ/アイアンヘッド/思念の頭突き/アームハンマー

 

 今期もアルバさんの記事(【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】 - アルバのブログ)の型を採用した。構築単位で重めなゲンガー、ゲッコウガ、カプ・コケコに対面でなら大体勝てる。

 

f:id:Einz:20180118194908g:plain

 キノガッサ@気合の襷

性格 意地っ張り

特性 テクニシャン

135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)

キノコの胞子/剣の舞/マッハパンチ/タネマシンガン

 

襷枠。サイクル崩し役兼ギャラドスストッパー。

 

【反省点】

・ヒトム絡みの構築にほぼ勝てない。

リザードンXY両対応する動きがないので選出段階で検定を外すと簡単に負ける。(リザードンYが単体でも重い)

・増加傾向にあったカビゴンで選出が歪む。

 

【結果】

TN Nao 最高2075 最終1906

f:id:Einz:20190108025631j:plain

TN mkshiro-0923 最高2047 最終1996

f:id:Einz:20190108080301j:plain

 

【感想】

前期2100が見えるくらいの場所まで行って落ちてしまったので今期こそはと思っていたが 、4回2070台まで行ったものの結局2100には行けずに終わってしまった。Twitterを見てたら2100が結構出てそうだったので悔しい。どうやっても勝てない構築が一定数いたのがよくなかったと思う。

 

 

~Special Thanks~

twitter.com

 

【S12使用構築】パワー系リザグロス【最高2082最終2065/83位】

f:id:Einz:20181101012011p:plain
こんにちは、Naoです。S12お疲れ様でした。

今期は目標の2100まであと一歩のところまでいったもののギリギリ届かなかったのは悔しいですが、自己最高レートを久しぶりに更新できたのは純粋に嬉しいです。

 

〈以下常体〉

 

【構築経緯】

リザードンXを使いたいと思った。

・前期の構築記事を読んでいたところ、餓死男さんの構築(s11 最高最終2178 カバリザミミガッサ)が面白そうだと思ったのでリザードンX+ミミッキュ+キノガッサを軸にすることにした。

・この並びでは相手のガルーラなどの物理アタッカーが非常に苦しかったので信頼している物理受けとしてHBゴツメカバルドンを採用した。途中までこの枠にHB弱点保険ギルガルドを採用していたが、今期中盤は個体数が多かったようで相手に弱点保険を警戒される場面が多く、思うような試合展開に持ち込めなかったので変更した。

リザードンを軸とする上で相性の良いメタグロスを裏メガとして置いた。

・相手のボーマンダカバルドンが重めだったのでそこに強く出ることができ、ゲッコウガとも最低限殴り合えるゲッコウガを採用して完成した。(見かけ上は前期使っていた構築と同じ並びになった)

リザードンをXとYで時々変えていたが最終的にXに落ち着いた。

 

【個別解説】

 

 

f:id:Einz:20181106090500g:plain←色乱数してもらった

リザードン@メガストーンX

性格 意地っ張り

特性 猛火→硬い爪

171(140)-200(252)-132(4)-×-106(4)-134(108) (メガ後)

剣の舞/ニトロチャージ/フレアドライブ/逆鱗

 

リザードンXを使うなら陽気最速か意地っ張りで耐久に振るのが強いだろうと感じたのでそのどちらかを使いたいと思った。受け構築を崩したかったのでサイクル破壊性能の高い意地っ張りで採用し、上記の餓死男さんの記事の個体をそのまま使用していたがあと少しSに振って1段階上昇でミミロップを抜けるようにした方が良かったかもしれない。今期終盤にリザグロスが増加していたがリザXしかいなかったのでリザYを考慮しない動きをされた場面が何度かあった。

 

f:id:Einz:20180118195206g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

 151(164)-143(156)-124(188)-×-125-116

剣の舞/影打ち/シャドークロー/じゃれつく

 

普通のAB霊Zミミッキュ。ABミミッキュはS5くらいの頃に育成したものをずっと使い続けているのだが、聞くところによると最適な努力値配分ではないらしい。ABだから勝てた試合もあればASじゃなくて負けた試合もあったのでどちらがいいのかは諸説ある。

 

f:id:Einz:20180118194908g:plain

 キノガッサ@気合の襷

性格 意地っ張り

特性 テクニシャン

135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)

キノコの胞子/剣の舞/マッハパンチ/タネマシンガン

 

剣の舞を採用していることによって面倒なサイクルをまとめて破壊できるのが良かった。重いギャラドスのストッパーになれるのも良い。

 

f:id:Einz:20180118190705g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格 腕白

特性 砂起こし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 
普通の物理受けHBカバルドン。今期多かった襷ミミッキュが構築単位で重かったのでそこに強く出ることができるのが優秀だった。

 

f:id:Einz:20180816213652g:plain

メタグロス@メガストーン

性格 意地っ張り

特性 クリアボディ→硬い爪

173(140)-211(212)-171(4)-×-145(116)-135(36)

バレットパンチ/アイアンヘッド/思念の頭突き/アームハンマー

 

 ゲンガーとカプ・コケコが重く、それらに対して対面からなら殴り勝てるメタグロスを使いたかったので前期に引き続きアルバさんの記事(【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】 - アルバのブログ)の型を採用した。以前はギルガルドを強く意識して地面技を採用していたが、そもそもギルガルド入りの構築に出すことがほとんどないということに気がついたので安定打点のアイアンヘッドに変更した。初めてアイへメタグロスを使ったがとても強かった。

 

f:id:Einz:20180410215756g:plain

ゲッコウガ@命の珠

性格 臆病

特性 変幻自在

147-×-87-155(252)-92(4)-191(252)

水手裏剣/冷凍ビーム/悪の波動/草結び

 

おそらく今期のトレンドだったポケモンの1匹。命の珠を持たせたことによって本来なら落とせない相手が落ちるようになって強かった反面、初手性能は落ちたので裏から投げることが多かった。

 

【重い相手】

☆ヒトムグロスヒレ 鬼の立ち回りをしないと勝てない、多すぎて辛かった

☆レヒレガルド グロスの地面技を切った弊害

 

 【結果】

TN Nao 最高2055 最終2015 178位

f:id:Einz:20181106090651j:plain

TN GrandChariot 最高2082 最終2065 83位

f:id:Einz:20181106090521j:plain

 

【感想】

今期は以前から使うことに対して強い苦手意識のあったリザードンXの練習をしようと思って構築を組んで使っていた。リザードンXも強いということがわかったので来期こそは2100に乗せられるように頑張りたい。

 

【宇宙開拓】筋トレミミッキュ

こんにちは、Naoです。

S11で結構構築が迷走していた時期があったのでその間に様々なポケモンで宇宙を彷徨っていました。その大半はスペースデブリになって闇に消えていったのですが、これはまだ可能性を感じるっていうミミッキュの型紹介です。実質供養記事かもしれませんね。

 

〈以下常体〉

f:id:Einz:20180118195206g:plain

ミミッキュ@半分回復きのみ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

 努力値振り Hab

(既存のABミミッキュの振り方でいいのかもっといい振り方があるのかわからない)

(要検討)

ビルドアップ/ドレインパンチ/影打ち/じゃれつく

 

【ビルドミミッキュの強み】

・積み技が龍の舞のポケモン(ギャラドスなど)に対して滝登りとかで怯ませられなければ対面から積み合いで勝てる。(後投げからでもきのみ発動ビルド→じゃれつくで急所とか以外で勝てる)

・ビルドアップとドレインパンチによって鈍いを積んでくるカビゴンに対しても積み合いで急所待ちになった時に攻撃と回復を同時に行うミミッキュの方がリサイクルに1ターン使うカビゴンより有利(ビルド3積みで腕白カビゴンが急所で確定になる。)

・従来対面から勝てないカミツルギを2積みドレインパンチ+影打ち、ガルーラをビルドアップ+ドレインパンチで破壊できる。(元々耐久を厚くしすぎると固すぎてビルド1積み状態でスマートホーンがきのみ圏内まで行かないので要検討)

・自分では最適解の振り方を見つけられていないがHBのイカサマ持ちポリゴン2に勝てる可能性があるはず。(要検討)

・Zを持たせていないので火力が足りなさそうに見えるが、ビルド1積みのじゃれつく+影打ちが±0状態のミミッキュZよりは指数が高いのでまあまあ火力は出る。

ミミッキュなのでその他諸々のポケモンに強い。

 

(要検討要素が多すぎないか...?)

 

【他の技候補】

・挑発 エアームドドヒドイデの前でビルドレできるので受け構築に強そう。

・痛み分け 強引な削り+回復...?

 

 

【まとめ】

考えただけで実戦投入はしてないので使用感とかは全くわからない。誰かこれをさらに開拓してほしい。(他力本願)

 

 

【S11使用構築】運ゲー対面スタン【最高/最終2012】

 

f:id:Einz:20180904014453p:plain

こんにちは、Naoです。S11お疲れ様でした。

構築に追加効果や睡眠、命中不安技といった運ゲー要素がやたら多いのでこのような構築名にしました。

 

〈以下常体〉

 

【構築経緯】

前期まで好んで使っていた構築〈f:id:Einz:20180504002230p:plainf:id:Einz:20180504002213p:plainf:id:Einz:20180710100517p:plain(f:id:Einz:20180504002244p:plain)f:id:Einz:20180504002238p:plainf:id:Einz:20180504002637p:plainf:id:Einz:20180504002252p:plain〉に限界を感じたので前期までの反省点を意識しつつ組み直すことに決めた。

とりあえずいつも通りカバリザYから組み始めた。f:id:Einz:20180504002230p:plainf:id:Einz:20180504002213p:plain

以前はリザードンの裏メガとしてガルーラを採用していたのだが、もっと適したポケモンがいるのではないかと思って探していたところ思念の頭突きとアームハンマーを搭載したメタグロスが良いのではと感じたので採用した。f:id:Einz:20180816204900p:plain

ここまでの3枠は割とすんなり決まったが、残りの3枠がなかなかしっくりくるものを見つけることができず色々試していた。

 

【個別解説】

 

f:id:Einz:20180118190705g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格 腕白

特性 砂起こし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 

 特に言うことは無いテンプレ物理受けカバルドン、強い。

 

f:id:Einz:20180118185418g:plain

リザードン@メガストーンY

性格 臆病

特性 猛火→日照り

153-×-98-211(252)-136(4)-167(252) (メガ後)

オーバーヒート/火炎放射/エアスラッシュ/ソーラービーム

 

HBにするかCSにするか悩んだが、環境のリザードンYの大半がCSエアスラ型だったのでミラーにそれなりの確率で勝てるようにCSエアスラッシュオーバーヒート型で採用した。技構成に関してよく考えたところ、めざめるパワーは交換読み以外で打つ場面がなく腐りがちということに気がついたので切った。実際無くて困った場面はなかったので正解だったと思う。今期は通りが悪くあまり選出できず、選出しても四方八方から岩が飛んでくるのでその度に鬱病になっていた。

 

 

f:id:Einz:20180816213652g:plain

メタグロス@メガストーン

性格 意地っ張り

特性 クリアボディ→硬い爪

173(140)-211(212)-171(4)-×-145(116)-135(36)

バレットパンチ/思念の頭突き/アームハンマー/地団駄

 

アルバさんの記事(【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】 - アルバのブログ)の型。耐久に厚くしているため対面性能が高く使いやすかった。技構成はコンセプトの思念の頭突きとアームハンマー、対面性能を飛躍的に高めることができる先制技のバレットパンチは確定。最後の枠は地面技と冷凍パンチで悩んだが、ギルガルドとの対面ができてしまった時に引くことができないのでギルガルドに対して削りを行える地面技を採用した。地震ではなく地団駄を選択したのは参考元の技構成が地団駄になっており、それをそのまま育成したからである。正直地団駄にしたことによって勝敗が変わった場面はほぼ無かったので、この構築においてはどちらでも良いと思った。命中不安の塊な上に技を連打する場面が多いので外して落とした試合は結構多かった。

 

f:id:Einz:20180118192254g:plain

ゲッコウガ@草Z

性格 臆病

特性 変幻自在

147-×-87-155(252)-92(4)-191(252)

水手裏剣/冷凍ビーム/悪の波動/草結び

 

シーズン中盤までは控えめ激流襷型で使っていたが、頻発する初手のミラーの勝敗が試合の勝敗に直結することが多く、非常に不安定だったので自分が襷ゲッコウガを使っていた時に相手にやられて一番きつかった臆病草結び搭載型に変更し、持ち物はレヒレスイクンで止まらなくなる草Zにした。相手がどこまで警戒してくるかわからなかったので的確にZをぶつけるのが難しかったが、それ以外は良かったと思う。

 

f:id:Einz:20180118195206g:plain

 ミミッキュ@ゴーストZ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

剣の舞/影打ち/シャドークロー/じゃれつく

 

途中までこの枠は相手のウルガモスリザードンYを強く意識して自爆Zカビゴンを採用していたが、構築にフェアリーがおらず誰もジャラランガのZを透かせないことや相手のアーゴヨンを止める手段が乏しいのが辛かったので対面構築と非常に相性の良いミミッキュを採用した。型はテンプレ。

 

f:id:Einz:20180118194908g:plain

キノガッサ@気合の襷

性格 意地っ張り

特性 テクニシャン

135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)

キノコの胞子/剣の舞/マッハパンチ/タネマシンガン

 

最後に入った枠。重かった相手のキノガッサと殴り合ったり、ギャラドスのストッパーになったり受けサイクルを破壊したり、と思っていた通りの活躍をした。

 

 

【選出】

相手の構築を見ながら刺さっていそうなものを3体選んでいたので基本選出は無し。初手はカバルドン以外の5匹から選び、裏は2メガにならないことだけを意識していたのでかなり柔軟な選出ができたと思う。

 

【結果】

TN たくわん 最高/最終2012

f:id:Einz:20180904141322j:plain

TN Nao 最高2007 最終1975

f:id:Einz:20180904141329j:plain

 

【感想(自分語り)】

今期は前期届かなかった2000に乗せられたことは純粋に嬉しかった。しかし最終日深夜から朝方にかけて2100を目指して潜っていたが、2000には何度も乗ったもののそこから1勝もできなかったので実力不足を感じた。S12も頑張りたい。


追記】S3ぶりにQR作りました。 

3ds-sp.pokemon-gl.com

【S10簡易構築記事】

f:id:Einz:20180710100506p:plain

 

こんにちは、Naoです。S10お疲れ様でした。

今期は終盤まで全然勝つことができず、非常に苦しかったです。

 

【使用構築(以下常体)】

 

f:id:Einz:20180504002230p:plain@ゴツゴツメット

215(252)-132-187(252↑)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 

f:id:Einz:20180504002213p:plain@メガストーン

153-×-98--211(252)-136(4)-167(252↑)

オーバーヒート/火炎放射/エアスラッシュ/ソーラービーム

 

f:id:Einz:20180710100517p:plain@電気Z

181(212)-×-97(52)-207(188↑)-101(4)-128(52)

悪巧み/高速移動/10万ボルト/めざめるパワー氷

 

f:id:Einz:20180504002238p:plain@メガストーン

181(4)-194(252↑)-120-×-120-152(252)

グロウパンチ/捨て身タックル/冷凍パンチ/炎のパンチ

 

f:id:Einz:20180504002637p:plain@霊Z

131(4)-156(252↑)-100-×-125-148(252)

剣の舞/影打ち/シャドークロー/じゃれつく

 

f:id:Einz:20180504002252p:plain@気合の襷

135-200(252↑)-101(4)-×-80-122(252)

キノコの胞子/剣の舞/マッハパンチ/タネマシンガン

 

【結果】

TN Nao 最高1976最終1862 952位

 

【特にきつかったポケモン

・ノーマルZカミツルギ

 正直こいつが最終日勝ちきれなかった最大の原因、わかってても勝てないし2,3戦に一度のペースで遭遇して毎回降参させられていた。無理。

 

ウルガモス全般

 終盤に体感でやや増えていた気がしたが勝率はかなり悪かったと思う。

 

・瞑想コケコ

 ボルトロスを採用したことによって若干対処しやすくはなったものの、かなり重い、立ち回りミスると普通に半壊させられる。

 

【反省】

今期はモチベこそあったものの構築が定まらず、この形になったのは最終日2日前だった(迷走して粉バナとか使ってる場合ではなかった)。例のカミツルギなどが多い上に重いこともわかったが時間がなくて修正できなかったのが一番の反省点。デフレシーズンとはいえ結果を出している人は出していたので悔しい。来期は満足できる結果で終われるように頑張りたい。