焼け野原

ポケモンしてたら単位落とした

【S7使用構築】カバリザバシャ式豪華滅却対面構築【最高2040/2ROM2000】

 

f:id:Einz:20180118183552p:plain

こんにちは、Naoです。S7お疲れ様でした。今期は無事インフレの波に乗ってS3以来の2000を達成でき、自己最高レートを更新することができたので嬉しかったです。

 

【構築経緯】

S4の時に初めてカバリザを使い、そこから毎シーズン構築を考え直しながら今回の並びに至ったので経緯は書き始めると非常に長くなる気がするので構築の個別解説で採用意図などと合わせて書きます。

 

以下採用順に個別解説(以下常体)

 

f:id:Einz:20180118185418g:plain

リザードン@メガストーンY

性格 控えめ

特性 猛火→日照り

185(252)-×-113(116)-211(100)-136(4)-125(36) (メガ後)

オーバーヒート/火炎放射/ソーラービーム/めざめるパワー氷

 

S4の時から一度も変えずに使い続けている構築の軸であり、S2のはくしゃくさんの構築記事(【S2最高最終2224】テテフカバリザ【1、2位】 - 貴族の構築)の型。耐久に振っているため対面性能が非常に高く安定して強かった。最速ガッサに抜かれているため耐久を少し削ってSに回すことや、単体で全抜き性能を高めるために炎技をニトチャ大文字にしようかと思ったこともあったがこの型が好きだったのでそのままにしていた。

 

f:id:Einz:20180118190705g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格 腕白

特性 砂起こし

215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

怠ける/欠伸/地震/氷の牙

 

言わずと知れたリザードンの相方の物理受けであり、リザードンと同様にS4から使い続けている個体。技構成に関しては毒毒、ステロなどにしていたこともあったが結局このテンプレ構成が強いという結論に至った。基本的に物理技ならなんでも受け出しできて非常に強かった。余談だが、この枠は相手のリザYやカプ・コケコに強く出られる慎重HDオボンランドロスの方が強いのではないかと思ってS7の途中で一度変更してサブロムで回したところレートが1380まで一瞬で落ちたので速攻でカバに戻した。

 

f:id:Einz:20180118192254g:plain

ゲッコウガこだわりスカーフ

性格 やんちゃ

特性 変幻自在

147-161(252)-87(4)-123-81-174(252)

蜻蛉返り/ダストシュート/岩雪崩/冷凍ビーム

 

カバリザで初手に呼びやすいカプ・コケコや重い相手のリザYに強く出られると思い採用。技構成はカプ系意識のダスト、リザYやガモスに刺さる雪崩、スカーフと相性の良い蜻蛉、S補正をかけてない1舞マンダやスカガブを止められる冷凍ビームとした。能力実数値は本来Cに4振りするつもりだったが間違えて個体値がUのBに降ったためおかしくなったが直すのが面倒だったので放置していた。

 

f:id:Einz:20180118195206g:plain

ミミッキュミミッキュZ

性格 意地っ張り

特性 化けの皮

 151(164)-143(156)-124(188)-×-125-116

トリックルーム/剣の舞/影打ち/じゃれつく

 

7世代で対面構築を組むにあたって特別な理由が無い限り採用しない理由が無いと思ってるので採用。S4の時に使っていた耐久リザY+HCトリルポリ2の並びに手応えがあったため皮を利用した雑な後投げとトリルによる切り返しができるようにトリルAB型で採用し、配分は単体考察記事(単体考察 ABミミッキュ - 輝くクリスタル) を参考にした。基本的に出せば何かしら仕事ができるのがやはり強かった。ABにしたことでギャラドスに後投げできて切り返しができるのも良かったと思う。

 

 f:id:Einz:20180118194908g:plain

キノガッサ@気合の襷

性格 陽気

特性 テクニシャン

135-182(252)-101(4)-×-80-134(252)

キノコの胞子/マッハパンチ/タネマシンガン/岩石封じ

 

相手のキノガッサ対策枠(?)として採用。他にもガッサ対策候補としてカプ・コケコも考えたが、サイクル構築を使うのが死ぬほど苦手だということを自覚していたため意地でもサイクルを回さず対面的に戦いたいと思い、このポケモンを使うことにした。基本的に対策されていて出しにくいので選出率は控えめだったが、選出誘導力が強いので相手の選出が読みやすかった。

 

f:id:Einz:20180118210357g:plain ←国際孵化した個体なのに色違いのgifがなかった...

バシャーモ@メガストーン

性格 意地っ張り

特性 加速→加速

155-233(252)-100-×-101(4)-152(252)

剣の舞/フレアドライブ/地震/雷パンチ

 

リザードンを出すことができないヒードラン入りの構築に出していく枠。ここまでで受けサイクルを崩す方法がないと感じたので崩しに特化した剣舞3ウエポンバシャーモを採用した。メインロムで初めて2000を達成するまではこの枠はグロパン/捨て身/地震/炎パンチガルーラを採用していたが、トーチカドヒドイデにグロパンを防がれたりゴツメ持ちにスリップダメを稼がれて負けることや、相手の初手モロバレルに対して為す術がないのが非常に苦しかったのでバシャーモに変更したところ、崩せる範囲が広がったので正解だったと思う。また、バシャーモはメガ無しでも高い性能を持つためリザードンと2メガ選出して晴れを利用できるのも強いと感じた。ガルーラから変更したことによって元々怪しかったメガラティアス絡みのサイクルは確実に勝てなくなったが、環境にあまり多くないと割り切って完全に切った。

 

【選出】

相手の構築次第で刺さっていると感じたものを出していたので決まった選出はないが、

ガッサ+ミミッキュ+リザ

ゲッコ+カバリザ

ゲッコ+ミミッキュ+リザ

カバリザ+ミミッキュ

で出すことが多かったと思う。バシャーモは型の性質上刺さる相手にはとことん強いが汎用性に欠けるため選出率は間違いなく一番低かった。

 

【結果】

メインロム(TN Nao)

最高2040・最終2001

 

f:id:Einz:20180123045642j:plain




サブロム(TN たくわん) 最高・最終2001

f:id:Einz:20180121164514j:plain

 

 【最後に】

今期は自身初の2ROM2000を達成することができて良かったと思う。S8はさらにいい結果を残せるように頑張りたい。

 

 

トレーナーカード作った時に炎メガが2体いるのでジムリーダーアスナを選んだが、「キリトかなー、やっぱり」ってのが頭によぎって複雑な気持ちになった。